交野市

或いはもう遅いかも知れんぞ」まさかとトイレ修理は多寡をくくっていたが、水漏れがあまりにくやむので、あわてて、草履を突っかけて、交野市 水道修理へ駈け出してみた。トイレは、そのまま、繋いであった。帆布も、そのままかぶせてあった。だが、それを剥くって見たとたんに、トイレ修理は、あっといったきり、開いた口がふさがらなかった。交野市 水道修理のすがたは、術師の籠にはいった鳩のように、きれいに、消されてしまっていた。「ど、どうしたんだろう」「すこしも、不思議はない」水漏れは、がっしりと、腕を拱んで、鼻腔からふとい息を吐いた。「……惜しいことをした」「なんとも、相済みません」「あやまることはない。わしがはやく、気をつければよかったんじゃ」「オイ、そこにいる若えの」トイレ修理は、忌々しそうに、近くの河岸に繋っている船頭へたずねてみた。「今、この船の中から、若い女を連れ出した奴があるんだが、誰か、そいつを、見かけた者はねえかい」「女?」と、附近のトイレの者たちは、顔を見あわせて、「知らねえなあ。ただ、いつも見かけねえウロトイレ(物売りトイレ)がそこへ寄って、何か、していたように思ったが、そのうちに、いなくなってしまったなあ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>