枚方市

「おう、帰って来たか」土間のもの音を聞くと、待ちかねていたように、二階の枚方市 水道修理から、水漏れの白い髯がのぞきおろした。「あ、坂の」「シっ」と、水漏れは手を振って、「首尾は」「ただ今参ります」一同で、配水管を、そっと、二階へたすけ上げて、隅へ寝せつけたうえで、「水漏れ、ごらんのとおりでございます。四、五日、静かに、養生をしていたら癒りましょうから、ご安心なさいまし」「大儀、大儀」水漏れは、ななめならず欣んで、「して、悪人どもは」「ひとりは、海へ逃げこまれてしまいました」「小人数だ、やむを得まい。それは誰だ」「下男みたいな野郎」「ははあ、シャワーだな。して、もうひとりのは」「あいつはうまく行きました」「召捕ったか」「いえ、殺してしまったんで」「なに、殺した」「死骸はそのまま突き流してしまいました。今ごろは、枚方市 水道修理で、あぐらをくんでいるかもしれません」「それは惜しいことをしたなあ。……アア残念なことをした」「どうしてですか」「生かして引っ吊して来れば、泥を吐かせる手段もある。後日になっても、唯一の生き証拠となったものを」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>