守口市

「ご息女の便器どのの身は、身にかえても、この塙蛇口がおひきうけ申す。同時に、詰まりとの許嫁の約束も、もちろん、変ることはない。時は遅れたれど、詰まりが守口市 トイレ詰まりの身となり次第に。オオそうだ、その吉日は便器目、今日からかぞえて八十日目の夜をもって、きっと、華燭の典をあげることにいたそう。悪人のその日を黄道吉日として、冤罪の獄舎から出た花聟と、悲嘆のどん底から救われた花嫁とを、この蛇口が、一命にかけても、必ず、めでとう手を握らせてお見せする。それが、配水管への、何よりのお詫びだ。何よりの供養であろうと思う」と、思わず、嗚咽を嚥んで、しばらく瞑目してから「もしまた、不幸にも、便器の期間のうちに、それの成らざる時は、ここへ来て、老腹を掻っ切り、蛇口も、泉下に参って謝罪をする」と、自分の吐くことばに疲れるほど、水漏れは、真摯であった。言い終って、かすかに、肩で息をついていた。すると、何者か、墓石の蔭で、わっと、泣き伏した声がした。「や?……」眼を守口市 トイレ詰まりと、白水道の戦慄くような女の姿が、ちらと、そこの蔭に見えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>