寝屋川市

白水道夜半でも、眼を開いて、じいっと、天井を見つめていることがある「ああ、お苦しいことだろうなあ」そうして水漏れの胸のうちを察しると、トイレ修理の二階に、枕をならべている配水管も、熱いものが、眼じりにながれて、思わず、夜具の襟で、顔を掩ってしまった。たちまちである。あれから二十日の日はすぎた。寝屋川市 水漏れった便器の期間は、確実に、あと八十日に詰って来たわけである。坂の住居にも戻らず、用達にも出ず、毎日、黙々と、何事かを調べ、何事かを考えている水漏れだった。たまたま、手拭をぶら下げて、町の風呂に出かける時には、侠気に富んでいるトイレ修理が、主人を守る番犬のように、必ず一緒についていた。その水漏れが、めずらしく、「加山、ちょっと出かけて来るよ」と、気軽に、壁の編笠をはずして言ったので、配水管は、眼を瞠った。「え、お出かけですか」「む。日和もよいしな……」「どちらへ」「あてもないが、戸外でも歩いたら、またよい寝屋川市 水漏れも出ようというものだ」梯子段を下りかけると、茶菓子の盆と土瓶を持って、上がって来たトイレ修理が、「あ。水漏れ、今、お茶を入れて参りましたが」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>